プレ老後ライフは貴族趣味

ミドルエイジをそこそこポジティブに生きる

ブログとエコな暮らしに自己満足する

買い物リスト大活躍 今年後半に買う予定だったモノを10月下旬に「買い物リスト」として記事にしておいたのが、結果としてすごく役に立った。 まさに(ウェ)ブ「ログ log 」として実用的だ。 1か月半前の時点で調達できていたのは、 ①Wedgwood 社の廃盤茶…

カタカナ英語の支配と「シャア」アズナブルの正しさ

「カタカナ英語」を見たり聞いたりすると困惑することが多い。 カタカナは昔からあるが、最近でも増え続けている。 カタカナを見ていると、原語の音や意味が吹っ飛んでしまう現象が起きる。 ある日、珍しくちょっとしたパーティーみたいなのがあった。 「ホ…

乗馬を長く続けるためのバランス

「乗馬日記」廃止 このブログのカテゴリ「乗馬」に「乗馬日記」を書き始めた。 習い始めてトータル十余年。 日々過ぎ去っていく想い出を記録したいと思ったからだ。 しかし、この考えは甘すぎた。 乗馬をした日を手帳で確認したが、秋~冬は頻度が高すぎて記…

PKに強いとはどういうことか?

サッカーワールドカップカタール大会の日本 VS クロアチア戦を観ていた人は、PK戦にもつれ込んだ時、どんな気持ちだっただろうか? 私はサッカーについては全然詳しくないのだが、ものすごく「まずいな」という気分になった。 イヤな予感というのはだいた…

「メロドラマ」が一変するツヴァイクの「怖い」小説

「見知らぬ女からの手紙」 若い頃、海外にいた時むしょうに「何か本が読みたい」と思った。 今のようにインターネットもなく、その時は小さな「図書室」しかない環境だった。 しかも図書室の本は辛気臭そうなのばかりだった。 おもしろそうな本を見つけるの…

のぼせあがった追っかけ「女」

「女」について書きたいこと このブログは「ジェンダーフリ―」で書いている。 でもどうしてもジェンダーを絡めて書きたいことがある。 まとまりのない記憶の連鎖に過ぎないが、ずっと心にひっかかっている問題なのだ。 それは人生において定期的に「のぼせあ…

午前4時の攻防と勝機の行方

午前4時は、生活が「夜型」にとっても「朝型」にとっても微妙な時間だ。 なにより、私のような「夜遅く寝て朝も遅く起きる」タイプは一番ぐっすり眠っている時間だ。 それでも12月2日は「午前4時」という、自分にはまったく縁のない時間にアラームをセ…

酸っぱいフランス料理と甘い日本料理

フランス料理と砂糖 いつ誰が言っていたのか忘れたが、有名な料理人か美食家だったと思う。 フランス料理には(基本)砂糖は使わない。 対する日本料理はよく砂糖を使う。 だから、フランス人は食事中「糖分が欲しい...」と思ってイライラしている。 そして…

日本語を変えれば英語は上達する

英語スクールと住宅販売の共通点 英語が上達する「即効薬」はあるかと言われれば、 「そんなものはない」 と答えるだろう。 でも英語スクールの体験レッスンに行ったら「ありますよ!」と言われるかもしれない。 駅前で「家どうですか~」と必ず声をかけてく…

サッカーワールドカップでグッタリしている人

11月11日中国の「独身の日」以来、相方とずっと 「(アリババ創業者の)ジャック・マ―はどこにいるんだろう?」 と話していた。 あまり言い過ぎて「ジャック・マ―はどこに?」が会話の口火を切る挨拶のようになっていた... そうしたら、本日(11/30)「…

「ビッグなブロガー」と「自慢話」と「改正プロバイダ責任制限法」

日本語じゃないと謙虚じゃない いきなりだが、ちょっと「自慢話」をする。 といっても「名誉」も「カネ」も絡まないのは、小さな「承認欲求」か「自己顕示欲」であり、大した自慢ではないと個人的には思っている。 むしろ人からどう思われるかを気にして、い…

イタリア語で見る夢

月に数日「書き入れ時」があって、バタバタする。 今月はそこに「サッカーワールドカップ」(日本代表応援)と「大相撲九州場所」(今場所は高安を応援)が重なってしまった。 それに(最近少し雨が多かったが)今の時季は乗馬には最高なので、どうしても外…

クラシックのマス化と「ヴァンクリーフ&アーペル」の反比例

アクセスが急増した記事 このブログは各カテゴリー複数「テーマ」による「雑記ブログ」だ。 でもアクセス数獲得を狙って作ったブログではない。 むしろ「アクセスを稼げないネタ」=「あまり読んでもらえない記事」をあえて集めている。 また、時々「日記」…

「プレ老後ライフ」はいつから始まるか?

プレ老後は何歳から? 当ブログのタイトルに「プレ老後ライフ」という言葉を選んだのには理由がある。 「プレ老後ライフ」というワードが、リアルでもインターネット上でもあまり使われていないからだ。 「プレ老後」と検索してみると上位で表示されるのは、…

「ファスト映画」判決とブロガーとしての心構え

リアルでもネットでも時々思うのは、社会で生きていく上で重要な法律って結構あるのに、意外とちゃんと知られていないことが多いのかもしれないということだ。 それと、最近の傾向なのかどうかは分からないけれど、せっかちな人?結論を急ぐ人が増えた気がし…

日本人の「英語の発音」を劇的に変える方法

「平等」から「格差」を実現すれば発音は上達?! 以前の記事に書いたように「強弱(ストレス)アクセント」をもつ英語は「高低(ピッチ)アクセント」の日本語とは大きく異なる音声システムを持っている。 prerougolife.hatenablog.com 日本語の発音には「…

「英会話レッスン」はお金と時間のムダ!?

50万円をドブに捨てた知人 当ブログの中でわりと地味によく読まれているのが下の記事だ。 prerougolife.hatenablog.com 「50万円払って入会すれば3か月で英語がペラペラになる魔法のようなメソッド」 を掲げる英語スクールのやり手営業の言葉を信じて、…

日本人はトランプ前大統領から英語を学べ?!

日本人の英語習得が「不利」な理由 氷河期世代で大変だったこともあり、昔はいろいろな仕事をしていた。 英語を教える仕事はそのひとつだったが、次第に情熱を持つようになり、今でも知人の紹介に限ってレッスンを請負うことがある。 他の仕事も語学が関わる…

"Bigot" とおいしいパンと頑固な職人?

本格的なフランスパン日本上陸 兵庫県を本拠地として東京(銀座)にも店舗がある老舗ブーランジェリー「ビゴの店」 www.bigot.co.jp 今では東京に進出したフランスのブーランジェリーや有名店から独立した人の店も多くあり、選ぶのに困るほどだ。 でも「ビゴ…

クラシック界の「二刀流」とロン=ティボー ファイナル前

「二刀流」が許されなかった時代 学生時代、自分の専攻とは違うジャンルにも興味を持っていろいろ手を出していた。 指導教授から、 「ひとつを専攻する(選ぶ)ということは他をあきらめることだ」 とたしなめられていた私は間違いなく「不良学生」だった。 …

プロレス、リアル、フィクション...アントニオ猪木

和泉元彌のハッスル参戦 先日、プロレスラーのアントニオ猪木さんが鬼籍に入られた。 私はプロレス全盛期に子ども時代を過ごしながら、プロレスをほとんど知ることはなかった。 学生時代に衝撃の『キン肉マン』との出会いがあり、以来こっそり『キン肉マン』…

ロン=ティボー国際コンクールと音楽人生

ロン=ティボー国際コンクールピアノ部門 現在、フランス・パリでロン=ティボー国際コンクール(le Concours international Marguerite-Long-Thibaud-Crespin ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール)のピアノ部門が開催されている。 11月10日(日…

禁じられた哀愁のプロレスとマンガ

世の中には根本的に話が合わない、というのか、感性がまったく違うなと思う人がいて、得てしてそれが自分の親だったりする。 子どもの頃、私の母親は 「プロレスって、やらせじゃないの!」 と本気で憤慨していた(ように見えた)。 それに反論する手立ても…

「方言探偵」「方言刑事」のオシゴト

キンプリ平野くんの「思わなんだ...」 すごいファンというわけではないが、King & Prince (を脱退することが発表された)平野紫耀くんは愛知県の出身なのは知っていた。 私が近畿地方以外で(むしろ関西よりも)長い時間過ごした日本の都市は名古屋だ。 だ…

ブーニン・フィーバーと女性ファンの思い出

週末土曜日の深夜からブログへのアクセス数が急上昇した。 何のことかと思ったら、先日書いた「バブル時代のブーニン」に言及した記事への検索サイトからの流入だった。 prerougolife.hatenablog.com NHK で放送された「それでも私はピアノを弾く ~天才ピア…

源実朝の「性的指向」とジェンダーフリーでブログを書く理由

モヤモヤするYahoo 検索サジェスト このブログを始めて間もない頃、去年挫折した旧ブログが Twitter で言及され、それがきっかけで5ちゃんねるで「炎上」事件があった。 もっとも「炎上」したのは私のブログではなく、連日コメント欄を占拠していた人たちの…

「貴族趣味」な服とブランド

マスクのせい?外見を整える計画 先月は段取りが悪くて「片手手袋」で乗馬をするという失態があった。 その時「身なりにもっと気を遣おう」と決意した。 prerougolife.hatenablog.com 手袋(グローブ)類には「グローブホルダー」を付けて、片手だけ離れ離れ…

「大富豪」後鳥羽上皇の財産の行方

後鳥羽上皇の財力 以前の記事で後鳥羽上皇が「財テク」の才にも長けていて、それまでバラバラになっていた皇室関係の財産(不動産)を巧みに取りまとめ、手中に収めたことについて触れた。 prerougolife.hatenablog.com 「リッチマン」であったからこそ、全…

『鎌倉殿の13人』効果とブログのエンゲージメント時間

はてなブログは「あざとい」? 他社のブログサービスで運営している別のブログを「はてな」に引越そうか?と考えていた。 その様子見もあって「はてなブログ」でこの雑記&趣味ブログを始めたというのもある。 1か月半を経過して感じること。 それは「はて…

ホリエモンと乗馬で人生が変わった理由

昔出会ったこの馬には思い出がある。 以下の話に出てくる馬の中の一頭だ。 とっぴな思いつきだったが昔、考えたことがある。 氷河期世代として、現在の社会通念からは到底非常識といえるような社会生活をしていた頃だ。 ちょうどその頃、堀江貴文氏のような…