プレ老後ライフは貴族趣味

ミドルエイジをそこそこポジティブに生きる

文学と読書

「メロドラマ」が一変するツヴァイクの「怖い」小説

「見知らぬ女からの手紙」 若い頃、海外にいた時むしょうに「何か本が読みたい」と思った。 今のようにインターネットもなく、その時は小さな「図書室」しかない環境だった。 しかも図書室の本は辛気臭そうなのばかりだった。 おもしろそうな本を見つけるの…

「大富豪」後鳥羽上皇の財産の行方

後鳥羽上皇の財力 以前の記事で後鳥羽上皇が「財テク」の才にも長けていて、それまでバラバラになっていた皇室関係の財産(不動産)を巧みに取りまとめ、手中に収めたことについて触れた。 prerougolife.hatenablog.com 「リッチマン」であったからこそ、全…

後鳥羽上皇はなぜリッチだったのか

文武両道の後鳥羽上皇は財テクの主腕についてもすごかった。 以前の記事「源実朝とLGBTQ」にも書いたが、若い頃、鎌倉時代初期の文学について少し勉強していた。 prerougolife.hatenablog.com でも勉強熱心ではなく、学生演劇を観たり美味しいものを探してば…

鈴木エイト氏の新刊は(サイコ)ホラーミステリ

★この記事には政治的意図や主張は一切含みません。ご了承の上お読みください。 前にもちょっと書いたのだが、2020年の始めコロナ禍が始まる直前に海外渡航の計画があった。 主にフランスとイタリアを訪れる予定だった。 予定を組み始めたのは2019年…

必ず眠くなるグレン・グールド

子どもの頃、不眠で悩み、悩んで不眠になっていた親が、 J.S バッハの「ゴルトベルク変奏曲(Goldberg-Variationen)」のCDを聴いていた時期があった。 かのグレン・グールドのピアノ演奏だった。 どうして親が「ゴルトベルク」を聴いていたのか分からないが…

乗馬と不倫

概して、乗馬クラブでは不倫が多い。 もちろん世の常として他のスポーツや習い事、いやどんなコミュニティでもそういうことはあるだろう。 でも、私が十数年来知る1ダースほどの乗馬クラブのうち、伝聞も含めてかなりの確率で「不倫」絡みの事件を知っている…

老後に備える趣味リスト

自己紹介の補足です。 prerougolife.hatenablog.com 個人的には「貴族趣味」の真骨頂は「そこそこやる」だと思っています。 時にはサボり、時には励み、ある時はやめようかな?と思ったりしながらも、完全にはやめてしまわないで、何となくつなげていくって…